過払い金を取り戻す方法とは?

まずは今の返済状態を把握しましょう


過払い金とは、法律で定められた金利を超えて今まで支払っていたお金の事です。長期に渡ってお金を借りていた人や、多額の返済を今までしてきた人は、払いすぎていたお金を金融業者から返還してもらう事ができます。 弁護士事務所では、今までどこの会社からどの位のお金を借りたのかであったり、今までいくら返済が行われたかを調査します。そして、お金を最初に借りた時から今までの金融業者との取り引きの履歴を提出するように業者に請求します。その際「利息制限法」と呼ばれる、利息の上限を超えている分のお金については返還を請求する事ができます。この作業は多くの法律的知識が必要な作業であるため、個人で過払い金返還を請求する事は得策ではありません。


弁護士は何をしてくれるのか


過払い金請求の依頼を弁護士が受けると、まずは取り引き履歴から払いすぎているお金を算出します。払いすぎているお金があれば、すぐに業者に対して返還請求を行います。大手の業者は過払い金をスムーズに返還してくれる場合がほとんどですが、業者によっては返還の催促を無視してきたり、脅しをかけてくるという場合さえあります。 しかし、弁護士が過払い金請求の依頼を受けた瞬間から、金融業者は依頼者に対して電話等による催促を一切する事が法律的に不可能になりますので、一旦依頼を行った後は弁護士と金融業者の話し合いによる解決が行われます。稀なケースでは裁判による解決になる事もありますが、法廷では弁護士が依頼者の代理人となってくれますので、依頼者は裁判に出る必要がありませんので安心して依頼する事ができます。