過払い金の支払いについて注意すべきこととは?

過払い金は最初から支払わないことが得策


「過払い金を支払うにあたって注意すべきこと」、それは言うまでもなくそもそも「過払い金を支払わない」ことです。なぜなら「上手な過払い金の支払い方」なんてものは存在しないからです。法定利息に基づいて算出した支払うべき金額を正しく把握しておき、不当な請求をされても毅然とした態度で応じないことが重要です。 一度でも過払い金を支払ってしまうと貸し金業者から見たその人のイメージは、「少し強く言えば大人しく払うカモ」「法律について無知だから恐れる必要はない」といったものになってしまうのです。 このような理由から過払い金の支払い方に注意するというよりも、「払わない」という一貫した姿勢でいることが、何よりも望ましい対処方になります。


過払い金を支払ってしまったら?


過払い金をすでに支払ってしまったという場合であっても、弁護士などに相談して過払い金返還請求を代行してもらうことによって対処することは可能です。しかしそのための費用や労力は覚悟しなくてはなりませんし、相手がすんなり過払い金を返してくれなければ差し押さえる必要も出てきます。 「過払い金を支払ってしまっても取り戻せるんだ!」と楽観視してしまう方も中にはいらっしゃいますが、過払い金を支払ってしまった時点でメリットなどは一つもないということを改めて認識しておきたいところです。 やはり何よりも大切なのは常に自分のお金の管理を他人へ任せず、利息についても返すべきお金に関してもしっかり把握しておくことに尽きるでしょう。