過払い金を整理するには?

過払い金には2つの法律が関わっている


そもそも過払い金とはどんなもので、どうして発生してしまうのでしょうか。そもそも過払い金とは、返し過ぎてしまったお金のことです。つまり本来であれば返さなくても良かったものです。 これには出資法と利息制限法という法律が深く関わってきます。通常金融業者は出資法に従い、その上限利息である29.2%を利息として設定しています。これを越えた場合は刑事事件に問われてしまいます。しかし利息制限法によれば、上限利率が10万円未満の場合は20%、100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%とそれぞれ定められています。よって貸金法と利息制限法の上限利息には差があり、利息制限法の上限利息以上のお金は払わなくて良いとされているので、利息制限法の上限利息をもとに過払い金が算出されます。


過払い金を整理するために相談をする


過払い金を取り戻すためには、多くの場合弁護士か司法書士に依頼をします。自分でも過払い金の返還請求はできますが、プロに任せることによってスムーズに手続きができます。依頼する時の費用を心配するかもしれませんが、多くの場合は返ってきたお金から払われます。 過払い金は計算してみないと詳しいことは分かりませんが、長い年月業者と取引している方には過払い金がある可能性が高いです。完済している場合でも、相談してみるのも良いかもしれません。 弁護士などに相談する場合は、お金を借りた業者の一覧表を持参すると相談がスムーズになります。また最近の請求書や収入が分かるものなどが必要になります。ここで過払い金があると判断された場合は、ここで依頼をすることになります。